田植えをした当初の感じとはまた違った感じの「田んぼアートinいわき」です。フラガールのスカートの緑が一段と濃く見えて、スパリゾートのフラガールも同じような色使いのスカートがありました。でも、こんなにふくよかではなかった。

                               平成27年8月9日 撮影

いろいろな種類の稲穂が出てきました。背丈が高い物、背丈が低い物、一口の米と言っても、こんなに個性があるとは思っていませんでした。日増しに成長が楽しみです。

                                  平成27年8月9日撮影

隣の田んぼは今年の第一回目の刈取りが終わりました。田んぼアートの稲も成長著しいです。もう少しで出穂になってくるのかなと思いますが、ベースの稲のコシヒカリは葉っぱがなびいてきました。出穂前に倒れてしまうのかな?

                                 平成27年8月4日撮影

田んぼアートの奥の田んぼで早くも稲刈りが始まりました。お正月飾り用の工芸材としての稲の収穫です。田んぼアートもフラガールのスカートの部分が出穂前に稲の葉に色付きがみられてきました。どんな穂が出てくるのか楽しみになってきました。

                                   平成27年7月30日撮影

白い葉の稲に「ごまはかれれ病」と思われる症状が出てきました。肥料のバランスが良くないのかもしれません。

緑が濃くなってさらに各々の稲の成長に違いがみられ1か月前と違う面白さが表れてきています。稲穂が出るように田んぼの水も落水を20日ほど前に行っておりいよいよ穂が出る準備に入ってきております。

                                   平成27年7月25日撮影

周りのベースの稲の発育が御旺盛になってきました。

                                 平成27年7月21日撮影

田んぼの中の生き物を撮影しました。どこにオタマジャクシがいるかわかりますか。

他の田んぼと比べると緑の濃さが違うのが判ると思います。色の濃いのが肥料が多いからです。蓮華の肥料の多さがよくわかる時期です。           

                                   平成27年7月13日撮影                                                                                                                                                                                                                                                                                                    

7月9日撮影の写真と見比べると一目瞭然で日に日に緑が濃くなってくるのが判ります。

ほかの品種の稲も色が濃くなって生長しているのがよくわかります。

どんな穂が出てくるのか楽しみです。

                                   平成27年7月13日撮影

前回の掲載した7月4日でした。あれから立ったの5日過ぎただけで水面がほとんど見えなくなってなっています。1日と言えない成長の変化です。益々楽しみです。稲穂の色が違う種類もあるので穂が出るのが待遠しくなりました。

                                      平成27年7月9日撮影

田んぼアートの生育状況を観察するために、このような物見台をNPO社員で組み立ててしまいました。

葉の色が違う稲の生育状況をアップで一つひとつ撮影してみました。生育が早い物と、そんなに分結が進んでいないものとがはっきり判ってきました。フラガールの顔の部分を撮影しましたが、近いとあまり判りません。

                                    平成27年7月4日撮影

6月25日撮影よりだいぶ緑が濃くなってきました。フラガールの踊っている形が判るようになってきました。オタマジャクシもたくさん泳いでいます。肌の白いフラガールですね。

物見台を組み立てて、アートがさらに見やすくなりました。

                                   平成27年7月4日撮影

平成27年6月7日に植えた田んぼアートの生育状況をお知らせいたします。

こんなに大きく「IWAKI」の文字がはっきり分かるように成長いたしました。益々成長が楽しみになってきました。又、皆さんにお知らせいたします。                                                                                   

                           平成27年6月25日 撮影

田んぼアートの完成イメージ図です。県立磐城農業高等学校の生徒の意見により完成したフラガールをイメージした図です。イメージのように田んぼに描けるといいですね。

6月7日の田んぼアートinいわきの田植え風景です。完成風景がすごく楽しみです。いわき市の遠くからの参加していただき和気あいあいと進められました。今後は変化する風景をホームページ内で皆さんにお知らせ致します。楽しみにしてください。今日は今話題の空撮ヘリ「ドローン」お参加して田植えが行われました。

6月7日晴天に恵まれて田んぼアートが実行されました。子供さんと父兄や県立磐城農業高等学校の生徒・先生も参加しての総勢で60人以上の人により朝9:00から600坪の昨年まで耕作放棄地だった田圃に6種類の稲を前日にテープで印をした下絵に合わせて植え付けをいたしました。

作業風景は6月7日夕方4時55分からの福島中央テレビ「ゴジてれ×sun」に放送されました。

どのような出来栄えになるか植え付けをした今日からすごく楽しみでたまりません。

ちなみに、今日は、いわき市の清水市長さん・赤津和夫市議会議員さんも参加していただき12時までに完了することが出来ました。

6月6日明日の「田んぼアートinいわき」の下絵の測量作業中で。測量のボランティアと県立磐城農業高等学校の生徒・先生で悪戦苦闘している風景です。明日が楽しみです。

「福島県立いわき農業高等学校」と一緒に田んぼアートを今年度事業と行うことが決定いたしました。成功することを夢見て頑張って参加してくれる人と初夏の心地よい汗をかきたいと考えています。参加申し込みは申込み用紙に必要事項を記入してFAXでNPO法人ミッションにFAXで申込みください。先着順です、早めに申し込みください。

田んぼアート(田植え)定員に達したので申し込みを5月25日で締め切りました。